W不倫が始まるキッカケ

 

不倫にも、さまざまなカタチがありますが、なかでもW不倫の関係をもっている夫婦は多いですね。
お互いに妻や夫以外の異性と、関係をもつのですから、家庭のなかが、とても複雑な状況になってきます。
では、W不倫が始まるキッカケになるのは、どのようなときなのか、まとめてみましょう。

 

 

パパ友、ママ友の関係から

 

最近になって急増しているのが、子供を介しての関係でしょう。
自分の子供を、幼稚園に送迎に行ったとき、他の子たちのパパやママにも、当然出会いますよね。
既婚者同士とはいえ、そこに好みのタイプの異性がいれば、心が揺さぶられることもあります。
さらに、子供同士の仲が良いと、家族ぐるみで親しくなり、外出する機会などもできますね。
相手のパパやママにたいして、社交辞令としての表面的なものでなく、相手を異性として見てしまった場合は、そこから個人的な感情がうまれて、不倫関係になるキッカケになります。
万が一、そのことがバレて、互いの夫や妻をとられたことで、話し合いを続けているうちに、残りの2人が関係をもつという、そのような可能性もあります。

 

 

お互いのSEXに満足できない

 

長年、夫婦として暮らしていれば、通常ならばSEXの相手は夫や妻でしょう。
でも、カラダの相性が良くないことは、夫婦関係を保つために、かなり致命的な問題でしょう。
お互いにSEXについて見直す姿勢がなければ、満足できない状態になるわけです。
そうなると、他の異性とのSEXを、心のどこかで求めてしまう気持ちが湧き出てきます。
自分のSEXへの理想や欲望を満たしてくれる相手を、ついつい探してしまう状態がつづくのです。
そして、結果的にW不倫の状況をうみだすキッカケになるのです。

 

 

暗黙のルールを理解できているので気楽

 

これは、それまでに不倫をしたことのある経験をもっているケースです。
夫婦のどちらかが、過去に不倫の経験をもっていると、不倫関係をつづけるための、暗黙のルールが理解できています。
夫や妻にバレない連絡のとりかた、日常的な態度など、微妙なバランス感がとれないと、独身でも既婚者でも、不倫関係の継続は難しくなります。
出会いがあって、浮気や不倫の経験あり、という会話をするまでの関係になれば、すでに不倫関係のキッカケをつくっていることになります。

 

 

おわりに

 

夫婦はもともと他人同士ですから、完全に相手の気持ちが分かっているとはいえませんよね。
どこかしらで、他の異性と出逢い、今の家庭に不満なことがあれば、いつでも、他の異性と不倫関係になるキッカケになるのです。

人気の記事

 

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!