不倫中の彼が構ってくれないときの対処法

 

恋愛をしている時には、女性なら彼に構って欲しいと思うのは当然です。
それがたとえ不倫関係であっても、待つだけの日々は辛く長く思えてしまうのです。

 

 

しかし不倫相手とあっては表立って寂しい、恋しいという言動は決して許されません。
不倫相手の彼氏にもっと構って欲しいと思ったら、どのような行動をとれば良いのでしょうか。

 

 

自分からデートのセッティングをしてみる

彼からの連絡が来たら、喜んで出かけて行き、全て彼の言いなりに従うだけでは男性としては刺激になりません。
ただの肉体関係目的の相手と思われないように、自分からアイデアを伝えるのも良いでしょう。

 

具体的には、一緒に食事をしたいお店、デートスポットなどを下調べして、彼に伝えるようにします。
彼から「じゃあ君の好きな場所に連れて行ってよ」と言われたら「任せて」と言えるようになりましょう。

 

デート数回に一回の割合で、自分から提案するようになると、相手も楽しみが増えるので構ってもらえるようになります。

 

 

 

彼の奥さんとは違う部分を強調する

もしも彼が既婚者であるのなら、貴女と不倫相手に選んだのは何故でしょうか。
きっと奥さんとは違った魅力が貴女にあるからに違いありません。
その部分を強調して、彼の興味を更に刺激してあげればよいのです。

 

もしも彼の奥さんが才色兼備タイプならば、貴女はまったりとした癒し系に徹します。
逆に彼の奥さんが大人しい人なら、コロコロとヘアスタイルや服装のイメージを変えてみましょう。
彼に「家にいる時とは違う」と思わせることが大切です。

 

 

 

男性関係には不自由していない様に見せる

彼としては貴女を「ほおっておけない」と思わせるようにしましょう。
まずは交友関係を広げ、特に男性の友達を多く作り、グループとしての付き合いをしておきましょう。
もしも彼から誘われても、4-5回に一回は勇気を出して断ると、彼としてはなんとなく他の男性の影を感じることでしょう。

 

この時、決して男関係にだらしないと思わせるまでの態度をとらないようにしましょう。
「他にも男性の友人が多いから、ほおっておくと危ないかもね」というギリギリの演出が重要です。

 

 

 

おわりに

男性はどんな場合でも、逃げられそうになるとあわてて追いかけたくなってしまうものです。
「あなただけを待っています」という重たい役目は奥さんに任せて、ふわふわと蝶の様に振る舞ってみましょう。

 

彼が慌てて貴女を誘ってきたら「忙しそうだねー、会いたかったー」と思いっきり可愛らしく甘えて、彼の反応を見ましょうね。

人気の記事

 

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!